新時代に向けた臨床検査の自動化 / Feb.5 (Sat), 2022
			会場:完全オンライン開催
			大会長:杉浦哲朗(高知大学医学部 特任教授)
			副会長:横山彰仁(高知大学医学部附属病院検査部 部長), 上岡樹生(天理よろづ相談所病院臨床検査部 部長)
ポスターダウンロード

第12回チェリーブロッサムシンポジウム開催日、形式変更のお知らせ

会期:2022年2月5日(土)
形式:完全オンライン開催

2020年初頭より流行し始めた新型コロナウィルス感染症は、瞬く間に世界に広がり、日本でもその影響を受け、第12回チェリーブロッサムシンポジウムの会期は2度にわたる延期を余儀なくなされました。企業、団体、医療機関等の皆様には、ご迷惑をおかけしておりますこと、ここに深くお詫び申し上げます。

日本国内での新型コロナウィルス感染状況は落ち着きを取り戻しているものの、冬を迎えるわが国では先を見通せない状況が続いております。また、欧米をはじめアジア各国においても感染の収束を見通すことは現段階では困難な状況です。

このような状況下において、世界各国から参加いただくには、オンライン形式が適切と判断し、本シンポジウムは、オンライン開催とさせていただくこととなりました。

集合型の開催での皆様の闊達な意見交換や情報交換会ができないのは残念でなりませんが、数年先には、集団免疫が獲得出来て、再び以前と同じように、本シンポジウムが開催される日がくることを願っています。

オンライン開催となりましても本シンポジウムが学術的にも、情報交換の場としても有益な会となるよう、関係者一同準備を進めておりますので、ご支援を賜れば幸甚に存じます。末筆ながら、皆様の益々のご発展を心よりお祈り申しあげます。

第12回チェリーブロッサムシンポジウム
大会長 杉浦 哲朗

更新情報

2019.06.11
The 12th Cherry Blossom Symposium ホームページを開設しました。